ウーマン

目の下の美容整形でクマ撃退|ほくろ除去なら皮膚科にオマカセ

いろいろなバストアップ法

整形手術

デメリット面も知る

サプリメントやバストアップ体操などは長期的に継続することで効果が得られる可能性がありますが、確実にバストアップしたいなら豊胸整形がおすすめです。豊胸するための整形方法はいろいろあります。注射で簡単にできるもの、シリコンなどを挿入するもの、注入するものや挿入する物質もさまざまなものがあります。施術方法は簡単でも持続効果が短かったり、持続効果が長いものは傷跡が残る心配があったり、得られる感触や違和感、それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。メリット面だけを見て決定せずに、起こりうる副作用も含めてデメリット面においても医師にしっかり説明してもらい、納得できる豊胸整形方法を選ぶ必要があります。

バッグと脂肪の併用

最近注目され人気がある豊胸整形方法に、コンポジット豊胸術があります。コンポジット豊胸術とは、バッグ挿入に脂肪注入を組み合わせたものです。バッグ挿入のみでは不自然になりがちなシルエットを、脂肪でカバーすることによって自然な仕上がりにできる方法です。半永久的な効果が望め、バスト本来の触り心地としこりや脂肪壊死の可能性が低いという今までの方法のデメリット面をカバーできる方法です。脂肪注入法は、自分の脂肪を採取するために痩せ型の人には向いていませんが、少量の脂肪を確保するだけでいいので、痩せ型の人でも可能です。またすでにバッグを挿入している人で、さらにバストアップを希望する人にも向いています。完成度の高い施術として人気があります。